で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

事業計画書

事業計画書の作り方や質問をまとめてみました。悩みの解決

事業計画書に書く社会的背景はどのように調べればよろしいのでしょうか?

 

テーマは重要ではありません。

・少子高齢化が加速している
・高齢化に伴う医療費の増大
などなど、「単なる事実の列挙」これは論外です。

こういうデータがあり、それが何に対して、どのように作用しているのかを記載しなければなりません。

1980年と2014年の人口ピラミッドを左右に置いて、
・20代は何%の減少
・65歳以上の高齢者は何%増加
・2025年には国民の1/4が65歳以上になる見通し
出典:統計局>●●

と記載します。
(例えば介護系の事業計画書の冒頭の記載です)

重要なのは書き方です。
事業計画書は恣意的な記載をしますから、ある事実を特定の角度から見て、あたかもそれらしい印象を閲覧者に与えるものです。
(調査結果と、事業計画書のデータは意味も目的も異なります。調査結果の場合は別紙でレポート作成になります)

事実の箇条書きで及第点をつけられるのは、偏差値50前後の商業高校の生徒が経営の授業で事業計画書を作成する場合だけです。

大学生であれば無論論外にしますし、社会人なら尚更です。

事実の列挙をしたところでそんなものはひどく退屈で、言い方を変えれば文字数の無駄です。

極力公的機関の統計、民間はトムソンロイターか矢野総研以上、自社調査の場合は最低でもマクロミルを利用して下さい。

また、対金融機関、対一般投資家、対消費者、対上長で内容は異なります。

目的があって、達成する為の手段の1つが事業計画書です。

社会的背景は知っていて当然、
頭を悩ませるのは出典をどこから持ってくるかです。

私はグーグル検索で最初に調べ、次に統計局のデータを探します。
経産省や厚労省、JETROもよく利用します。

書き方のコツは良い事業計画書をたくさん読むことです。
ネットで探せばいくらでも見本は見つかります。

ホリエモンこと堀江様は表紙に割く時間があるならば、その分内容を良くするべき、と言っておりますが、
これは閲覧者が優秀な場合のみに許容されます。
故に誰が見る事業計画書なのかをよく考えて下さい。
本質を見抜く力が無い人間に対しては表紙を整えることは有益に機能します。

 

経済情勢
国際情勢
為替レート
業界情勢
マーケットの成長、縮小
同業のライバル企業の動向
別業界の影響 など

 

事業計画書の作成について。

AさんとBさんが新しい事業を始める計画を立てました。
そこでCさんが銀行からお金を借りてくれることになりました。
Cさんは社長となり、Aさんが店長になりました。
融資を受けるにあたって事業計画書を提出しなければなりません。

しかしCさんは動機や概要の詳細は分からず書くことができません。
提出する過去のお金の事はCさんのもの。
その他の動機や収支計画などを、発起人であるAさんが代筆してもいいものでしょうか?

Cさんの職種と今回の職種は全く異なるものです。

 

◇事業計画書については誰が書いても問題はありません。

◇事業計画の作成を本人に代わって作成することを仕事とする『経営コンサルタント』や『行政書士』等多数存在します。

◇極論、一言一句も自分で書かなくとも、そのような人たちに依頼すると立派な事業計画書が出来上がります。

◇政策金融公庫などの公的融資の場合は借主かつ事業主であるCさんに対して面談があり、融資の可否について本人のその分野での経験などが大きな要素となります。その際にAさんBさんは同席できません。

◇銀行融資であれば、事業計画についての説明にAさんBさんの同席は問題ありません。

◇ただ、Cさんも融資担当者との面談の際には事業の内容の受け答えはできるようにしていただいていることが必要です。

◇三人の『立ち位置』を融資担当者が納得いくように説明できることも必要ですね。

 

事業計画書、創業計画書などの情報

サービス業の会社で勤務をしをしているものです。
今の仕事の独立を考えています。開業資金の融資を受けるにあたり今の会社にメインバンクを紹介してもら
ったのですが、融資を受けるにあたり事業計画書、創業計画書などの情報を銀行さんはその内容を保証人に掲示したりするのでしょうか?銀行の関係者だけでしょうか?詳しい方よろしくお願いします。

 

 

>融資を受けるにあたり事業計画書、創業計画書などの情報を銀行さんはその内容を保証人に掲示したりするのでしょうか?

そもそも、事業内容を把握していない人は、連帯保証人には不適格です。

そのために、連帯保証人とも面接します。

したがって、もし、代表者以外の連帯保証人が必要なら、その人に、事業計画書、創業計画書などの情報を知ってもらっていることが、前提となります。

質問者様が、予め、情報を提供していなければいけません。

 

投資経営ビザについてです。入管への提出書類、事業計画書の書き方で手こずっています。
事業計画書は数字、文章力が大事だったりと、ネット上で書かれていたのですが、数字、文章力他、いったん置き最低限これだけは書かないといけないものをその道にお詳しい方教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

 

>>事業計画書は数字、文章力が大事だったりと

そんなモンはまだまだどうでも良いんです。
それを更に掘り下げて下さい。
なぜ数字やグラフや言葉を工夫する必要性があるのか? と言う事を。(@_@")b""

どれもこれも、読み手となる相手を十二分に納得させる為の工夫にしか過ぎません。
表向きグラフや数字を多用して小綺麗なモンに仕上げたとしても、肝心の中身がクズだと意味がありません。

表向き小綺麗だと言うだけでも誰しも見た目に惑わされたりして無駄に先入観を持ってしまうと言うような観点から言えば、心理的効果は少なからず見込めはしますが、しかし、そんな小細工をした所でしっかりと読み込む相手ならそのような小細工は通用しないのですから、それなりに相手を説得しきる為に納得できるだけの状態に仕上げる他ありません。

このような前提をちゃんと踏まえた上で計画を練って組み立てるようにしていれば問題は出ないはずです。

因に、事業計画書と言うのは山登りをする際に、どうやってふもとから山の頂上を目指そうか? と言う計画を練るのと同じです。
どの道のルートで登ろうとか、登る為に必要な装備はどんなモンが必要か等です。
事業でも開始からある程度の波に載せるようにする為にどんな事をどんな風にしながらそれを実現させて行こうとするのか? それを書けば良いだけなんですよ。

尚、当たり前ですが非現実的な絵空事のようなモンではダメです。
ちゃんと現実的に実行していけるようなモノだけで構成します。
ビザの切り替え等だけじゃ無く、普通に金融機関から金を借りたり他から投資でも募ろうかと言うような場合も皆同じです。

 

 

事業計画書について教えてください。何か事業を始めるには計画書が必要ですよね?その計画書を書けば融資が下りるんでしょうか?そのような簡単な話はないですよね?よろしくお願いします。

 

初めまして。
事業計画書だけで融資は下りません。
参考に日本政策金融公庫のサイトをご覧ください。
http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

① 操業(起業)の動機
② 事業の経験等
③ 取り扱う商品・サービス
④ 販売先と仕入先
⑤ 必要な資金と調達先・自己資金など
⑥ 事業の見通し

以上の内容が具体的であり、金融機関が納得出来る内容であれば可能と思われます。

 

 

 

事業計画書って何が特定の形とかありますか?

 

事業計画作成に必要な要素
一般的な事業計画書を作る際に盛り込む必要がある要素を挙げると、
1.事業の目的
2.事業内容
3.市場環境
4.経営計画
5.資金調達
6.損益・収支

1.事業の目的
なぜあなたがこの事業を行うのか?その結果どうなるのか?社会的な理由やビジネスとしての理由、そしてそれによって誰にどんなメリットを提供するのかを明確に書きましょう。

2.事業内容
あなたが事業の目的を達成するために実施する事業の内容、流れを書きます。ポイントとしては、
・どのような顧客に対して、
・どのようなサービスや商品を
・どのような業態で提供していくのか
と言うことをわかりやすく記述しましょう。

3.市場環境
あなたの事業が参入しようとしている市場の分析について、
・どれぐらいの市場規模があるのか
・その市場は今後どのように成長・衰退するのか
・その市場はどのような特徴・特色があるのか
・その市場にどのような競合が存在しているのか
・その市場にあなたの事業はどのように食い込みどのようなボリュームのビジネスを獲得できるのかについてまとめてみましょう。

4.経営計画
あなたが事業をどのように経営していくのか以下の内容でまとめてみましょう,ポイントは月次で作ること!後で見直したり、計画の変更が容易になります。

販売計画:どこで誰にどのくらい販売できるのかを、商品・サービス別、販売チャネル別に時間軸を作ってまとめてみましょう。広告宣伝による販売の伸びを期待する場合、どのようなタイミングでどのような広告宣伝施策を取り、いくら費用がかかるが、結果どのような効果が期待できるかを明確にしましょう。

仕入計画:商品の仕入れが必要な場合、販売計画とあわせて仕入れの計画を立てましょう。これにより、必要なキャッシュフローや在庫をストックするために必要な面積がわかります。

設備計画:商品の販売や仕入れ計画によって、必要な設備とその準備に必要な金額を見極めましょう、人事計画:販売や仕入と設備の他に重要な要素として、人員計画があります。予定している売上を達成するためにどのように人員をいれていくのか計画を立てましょう,人を雇うには採用費、雇うと設備や給料が発生します,事業を行う上で一番コストがかかるところですが、少なく見積もり過ぎないように作成しましょう。

どうしてこの事業が成功するのか人的リソースから説明できるようにしましょう,もし今までのバックグラウンドと新規事業の関係が直接的でない場合でも、なんらかの関係性を定義し、「だからうまくいく」というのを言えるようにしましょう。

5.資金調達
経営計画に基づき、いくらの資金がいつのタイミングでいるのかということを計画していましょう,そして、その資金をどのような手段で調達するのかを考えていくことが大事です,まずは立上げ時の資本金,それから、銀行の借入等。

6.損益・収支計画
ここまで事業計画ができたら、3年から5年ぐらいの損益・収支計画書を作りましょう、一般的な損益計算書を参考に売上、売上原価、売上総利益、販管費、営業利益、営業外収益、営業外費用、計上利益、特別利益、特別損失、税引前純利益、法人税、当期純利益を整理してみましょう。

5W1Hを意識して作成する:資料作りの基本ですが、なぜ、いつ、だれが、どうして、どうやってといった5W1Hの視点を網羅するように資料を作成していきましょう、そうすることにより、あなたの事業計画書がより論理的に見えます。

 

経営者様に質問です。
この間、日本政策金融公庫に800万を融資を受けました。事業計画書は税理士に書いてもらい、成功報酬を2%
を支払う予定になってます。そして税理士から顧問契約をすすめ
られましたが、経営者の皆さんはどうされてますか?顧問税理士を依頼してますか?正直、私は記帳や申告は青色申告会でやってたので、必要ないのかなとおもうのですが。
融資をしてもらって、顧問契約をしてない経営者様は事業計画進歩報告書はどのようにしてますか?
無知ですみませんが、お知恵の方お貸し下さい。よろしくお願いします。

 

経営者ではありませんが、
金融機関で融資の仕事に携わっていたものです。
経営者の方をお客様にしており、また融資の事も参考になればと思い回答いたします。

【融資などで成功報酬もらう税理士等について】
いるかいないかで言えばそういう方もいます。
融資や助成金に対して、成功報酬で事業計画作成を請負う税理士やコンサルタントはいます。ネットで調べると結構出てきます。話も聞いた事あります。

例えば、最近だと『ものづくり補助金』というのがありまして、その審査に通ると1000万の補助金がもらえる。返済不要だから申込殺到→同じ内容でも審査に通る事業計画書が求めらる→成功報酬払ってでもプロに頼む。こういった形で事業計画の作成を請負う者はいます。

【税理士が必要かどうかについて】
御社の規模が、個人事業主なのか法人なのかも含めてさだかでは無いので一概には言えませんが、他の方も言っている通り、商工会や、知り合いの経営者、あるいは今回の政策公庫などに相談してみるのがいいかと思います。
そもそも税理士が必要か?必要なら今回の税理士がいいのか他の先生がいいのか比較してみることをお勧めします。
地域でそこそこ名前が通っている税理士がいいとか、ある程度年齢が近い人がいいとか、融資に強い人がいいとか色々希望が出てくると思います。

【事業計画進歩報告書について】
こういった類の書類は税理士がいなくても作れます。もちろん顧問税理士に作成を手伝ってもらう人もいるでしょうし、自分で作ってしまう人もいます。従業員に作らせるひともいます。担当の銀行員が作ることもあります。会社や事業主によってですね。

政策公庫の融資、銀行独自の融資(信用金庫含)、保証協会保証付の融資において、事業計画書とその報告書を求めるという種類の融資はあります。

【私の意見】
800万の融資を受けられという事は、それなりの規模の会社なり事業を経営されていると思います。今後のことも考れば、顧問税理士を付けた方がいいのではないかと私は思います。

 

かりることができてしまったのであれば、あとはこっちのものですよ。
書き方がわからなければ金融公庫の担当に聞けばいいです。
(政策公庫としては回収が滞りなく行われればよいのですからね。)

私も、成功報酬で事業計画書をかいてもらうなど聞いたことないですね。
事業計画を立てるのは本来あなたですし、単に代筆で書くだけでしょうからね。
なにごとも、聞きながらやった方が勉強になりますよ、人に任せずに。
顧問税理士はだから、もっと経理が煩雑に感じた時でよいのじゃないかな。
いまのままだと、あまり置いといて得はなさそうだし。
顧問を選ぶ時も数件聞いてきちんと税制面などでアドバイスをくれるような税理士を選ぶと良いと思います。せっかくお金を払うならより良い人に頼むべきです。

 

小規模の会社を10年余り経営しています。

融資は、日本政策金融公庫と信用金融公庫から受けています。
特に、日本政策金融公庫とは10年を超えるお付き合いです。

私の場合、事業計画書や事業進捗報告書といったものは1度も提出したことがありません。また、提出を求められたこともないです。

800万円の融資を受けるのに、16万円を税理士さんに支払うことなど聞いたことがありません。

地域の商工会や商工会議所の会員になれば、無料で融資の相談に乗ってくれます。

そういう指導をしてくれるのが顧問税理士の仕事です。
その税理士さんとの顧問契約はいかがなものかと思います。

一度、商工会等にご相談されることをお勧めします。

 

事業計画書作成が上手くいかずに困っています。
ご教授頂けると嬉しいです。
知人に借入れをしたのですが、当初計画してた返済が出来なくなってしまい、改めて事業計画書を提出する事になりま
したが、ネットなどでも調べましたが、本格的な物ばかりで、せっかくのフォーマットも使いこなせません。
事業計画書の作成仕方やアドバイスを頂けると本当に助かります。
よろしくお願いします。

 

事業計画にも、提示する相手によって、
バラ色寄りに描くべきか、確実性を最重視して描くべきか、などの選別が必要ですが、
ご質問のケースでしたら、おそらく信用度の高い「返済計画書」が求められているように感じますので、
記載すべき点は以下の7点だと思います。

①どんな事業を行なう(行なっている)のか 概要を伝える
→業界の動向・自社の強み・自社の弱み・事業計画達成のカギ(自社の課題)

②一取引あたりいくらで取引されるのか(=客単価)?
→なぜ、その価格で売れる(取引される)のか
→一取引あたりのコストはいくらかかるのか

③期間中(月間・年間など)いくつ取り引きされるのか?
→なぜ、その取引数が実現できるのか
→その取引数を実現するためのコストはいくらかかるのか
→②×③で期間中の売上と付加価値生産高(≒粗利)を算出

④期間中、取引がゼロだったとしてもかかる費用はいくらか?
→なぜ、それだけのコストがかかるのか?

⑤ ③の付加価値生産高から④を差し引く
よって、期間中に残る金額は○○円を見込む。
→その金額のうち、翌期間に持ち越さなければならない金額はいくらか?
→なぜその金額を持ち越すのか?

⑥よって、当期間中に返済に回せる金額は△△円となる。

⑦結論として、お知り合いから借りたお金は、
「△△円×◆◆期間数で返済してゆきます」

という事業計画の内容になると思われます。

参考になれば幸いです。

 

日本政策金融公庫に提出する事業計画書のページ数は何ページで提出するんですか?実際に提出した方のページ数と項目を教えてください。
後、融資を実行されたかもお願いします

◆ページ数には特に決まりはありません。
5ページくらいでも10ページでも事業内容次第です。

◆項目については書かなければいけない所定の項目がありますのでそれに従って事業計画書を作ってください。
公庫はその項目に従って、面談・審査をしていきます。
事業計画書の項目については下記ホームページを参考にしてください。
http://www.jfc.go.jp/k/mousikomi/index.html

◆作成するときには、見本の事業計画書では実際には量的に内容不足になってしまいますので、すべて別紙でワープロやデータについてはエクセル或いはパワーポイント等で見やすく、しっかり作ることをお勧めします。

◆ページ数については、私が依頼されて作る場合にはある程度融資希望金額に応じたものになります。
100万円の融資を受けるためのものと1000万円の融資を受ける場合では、ハードルの高さが違ってきますので、おのずから事業計画書の『濃さ』も違ってきます。

◆実際には、提出する計画書は、添付するカタログや見積書のコピーなどもありますので、それらを含めるとすぐ20~30ページにはなりますね。

◆よろしければ下記も参考にしてください。面談直近にしか公庫より連絡の来ない内容です。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n17563

 

理容室(カットスペースは二ヶ所)の小さな理容室ですが、これから、事業計画書を書き、国金融資を受け、内装工事をし、とオープンまでに 最低何ヵ月かかると思いますか?

彼氏が、お店を出そ
うとしているのですが、年内にはオープンできる!と言い切るのです。融資の保証もないのに、しかもあと四ヶ月くらいしかないのに、オープンなんて無理ではありませんか?事業計画書も真っ白なままです。

年内オープンは可能なのでしょうか?

理容室って、そんなに簡単にできるものなのですか???

ちなみに、彼がする予定のお店はチェーン店や、1000円カットなのではありませ
ん。 お洒落な喫茶店のような理容室にするそうです

 

間に合うか間に合わないかで言うと、融資が下りて段取り良ければギリギリ間に合いますが・・・
その様子ですと、事業計画自体、漠然とした彼の頭のイメージでしかなさそうだと、推察されます。

ただ、彼を焦らせるあまり、無理矢理、年内にオープンをさせようとすると、あまり好みでは無い物件にしたからとか、おまえが急かすから等と、とばっちりを受けかねません。
ただ、彼氏さんは”年内”と期日を決めてらっしゃるので、まだ救いだと思いますよ、そのうち・・・とか、将来はとか・・・よりは明確なので、ちょっと開業日の修正が必要かと思いますが。

また融資についても、質問者様の仰るとおり成功する保証はありません。
自己資金の割合、取得しようとする物件の評価、担保の有無など、様々な要件により決定されます。

よって、開業スケジュールをもうちょっと先送りにし、それまでの間、毎月少額でも良いので、自己資金を増やしたほうが融資が下りる確率が増えると考えます、これは後に面談の際、融資担当者にすべての通帳を見せる為です。
それと、事業計画書は絶対必要になります、面談の際、想定される質問の回答を予め、記しておいたほうが良いです。

まぁ彼女さんから、彼に言ってあげるとしたら、もしも1回目の融資が失敗したら、
次の開業日予定日はいつにしようか?と優しく諭してあげて下さい。

 

事業計画書はどこでもらえますか?

 

ひな形のことでしょうか?

一般的なひな形は あまり使い物になりません
以下の内容で簡略化した計画書 ご自分で他社計画書や
書籍を参考にしながら トライしてみましょう
慣れれば 3時間程度で作れますよ

企画主旨
事業概要
事業詳細
想定リスクと対策
類似成功事例検証
予想収支計算
進行スケジュール
資料一式『事業発展計画書』を英訳すると何でしょうか?

 

事業計画書の英語を教えて下さい

Business development plan document

だ!!

 

起業の準備をしています。事業計画書と創業計画書の違いはどこにあるのでしょうか?内容的に重複する所もあると思いますが両方用意した方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

 

融資支援を多くしている立場から一言。

事業計画書=事業運営を『継続的に行う上』での計画書≒マクロ的
創業計画書=事業を『創業する時の貸借・損益、自身の経歴等をまとめた』計画書≒ミクロ的
と捕らえるとよいでしょう。
そして、どちらも作成される必要があると思います。

基本的に創業計画書は借入をされる金融機関や信用保証協会から指定されているフォームがあります。

特に、日本政策金融公庫による融資の場合、創業計画書の右下に
「ほかに参考となる資料がございましたら、計画書に添えてご提出ください。(日本政策金融公庫 国民生活事業)」
と記述があります。
【参考:創業計画書フォーム↓】
http://www.k.jfc.go.jp/pfcj/pdf/kaigyou.pdf

実際問題、融資を受けるためには創業計画書にプラスして、
●年間売上計画書 もしくは 資金繰表
●創業計画書の中身をさらに分解した事業計画書
が必要です。

計画書以外にも
・設備の見積書
・不動産仮契約書or重要事項説明書(=公庫の場合。信用保証協会を使う際は不動産契約書)
・物件の平面図
・自身の資格等の証明書
等々必要なものもございます。
チェックリスト等が各金融機関にございますので、お問合せされると良いでしょう。

がんばってください^^b

 

事業計画書について

マッサージとレストランのお店をやります。
同じ建物内です。
高額な融資を受けることになります。
(事前に銀行さんと話したところ、審査は通るとのことでした)
そのための事業計画書はマッサージとレストランと
内容を分けて2冊作成すれば良いのか、
1冊にまとめて良いものか悩んでおります。
申告は1件で行い、レストランを主としマッサージの許可もとる…といった形です。

よろしくお願いします。

 

◇融資がマッサージとレストラン合わせて1本の融資で返済も1本であれば『総合事業計画書』としては1冊のもので出せばよいでしょう。

◇返済原資がマッサージとレストランを合わせた収益を原資とするのですから、『総合事業計画書』の中で
①『マッサージとレストランのコラボについての事業概要』
②『マッサージの事業計画』
③『レストランの事業計画』
④『マッサージとレストランを合わせた総合的な収支計画』
の4つの柱は必要となります。

◇想像ですが店舗の事業計画は『マッサージとレストランのコラボ』の相乗効果をオンリーワンで狙ったものだと推察します。

◇マッサージ効果を高めるメニューとか、ハーブティー。マッサージを受けてそのままくつろげる空間(レストラン)って勝手に想像してみました。

-事業計画書

こちらの記事の読者は男性が9割になります。