で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

未分類

マクドナルドがポケモンGOで集客に成功したけど問題点も見え始めたので指摘する

Pokémon GOでマックの売り上げが上昇しているそうです。

7月20日に日本マクドナルドが任天堂と提携を発表したそうです。

これは市場関係者に驚きを与え非常に高い株価の上昇もう促したそうですが、結局のところいくらPokémon GOの力で集客が伸びたとしても、自店舗としてのマクドナルドの実力が出せていないと言うのは大きな問題なのではないのかなと感じます。

一時的な効果なのでマクドナルド自体には変わりは無いのだから、これからもっと味を良くしていったりして改善する必要が出てくるでしょうね。

実際にマクドナルドの店舗の前でジムバトルに熱中している人たちはちらほら見かけます。

そういった人達が店舗にも顧客にも無意味な存在として潜在化してきているのだから、そういった問題も出てくるかもしれません。

実際にマクドナルドはこれまでカードゲームの禁止や携帯ゲーム機の禁止など何度もしてきたので、そういった点でPokémon GOの禁止ができないと言うのは矛盾を感じます。

結局のところ、おまけがなければダメということになってしまうので、そういった点でも品質に磨きをかける必要性があるのだと思います。

Pokémon GOに関しても夜の公園とかに人が集まっていることにより、不審者と区別がつきにくいといった問題もあると思います。

Pokémon GOをやらない人から見れば目障りそのものなので、顧客体験の向上という観点から見た場合、一長一短と感じますね。

ただ、現時点で置いて売り上げに貢献していると言うのは、素晴らしいこと。

任天堂側から見てもグルーポンのような新しい集客システムを得たので、今後広告媒体として、企業側にアプローチしていけば大きな収益になるでしょう。

マクドナルド側と任天堂側ではwin winの関係であるのも間違いないと思います。

それに、これを機に久々にマックに来た人や、初めて来る人が常連化していくことができると言うメリットは、今後マクドナルドの完全復活に大きく貢献していくと思います。

常連客にしていくためには、やはりマクドナルド自体の魅力を高めていく必要性があるので、そこのところもどのように改善していくのかこれから見守っていく必要性があるでしょう。

過去の例から見てもニンテンドーDSでマクドナルドは集客に成功していました。

ただ、それも一過性の問題であり、その後の集客の改善にはつながっていません。

今回もPokémon GOは一過性で終わる可能性が高いのです。

もしPokémon GOで今までの既存のお客さんを逃していると言う可能性もあるのならば、必ずしも良いとは言えませんよね?

今までも偽装問題や品質管理問題が取りあげられてるので、そういった基本的な改善も今後必要になって来るでしょう。

最近、マクドナルドは値段が高い話題になっています。

セットメニューを頼むだけで600円を超えるようなハンバーガーは、バカバカしいと考えている消費者が多いのも事実だと思います。

結局、最後は味とサービスと料金設定なので、これからマクドナルドの業績が本格的に回復していけるのかという点に関して、そういった目線で見ていくのが良いと思います。

今回のPokémon GOに関して、ボケストップというのはアイテムが少し手に入るだけなので、わざわざそのためにマクドナルドに行くと言う人は少ない可能性もあります。

最初だけ行ってみて後はもういいやと判断された場合、それは長期的にPokémon GOで集客するのは無理だと言うことになってしまいます。

マクドナルドのゲームセンター化というのは時代の流れなんでしょうか?

私、個人的な感想としてはマクドナルドは好きなので、味とサービスと値段、どれをとっても最高のお店でいてもらいたいと思います。

ただ今回の最大の成果で確実に言えることは、マクドナルドが過去に色々な問題で離れていった人たちが、とりあえず足を運んでくれたと言う効果が1番の成果ではないでしょうか。

絶対にもう行かないと思っていた、そうゆう人たちに過去を忘れさせる効果があるのならば今回のPokémon GOの効果は何も手を打たなかった場合と比べて大きくマクドナルドのイメージを改善させる効果にはあったのではないのかなと考えています。

-未分類

こちらの記事の読者は男性が9割になります。