で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

トヨタ

トヨタは世界的なEV化に対応できてない追い込まれるトヨタ自動車

2017y08m05d_1244177422017y08m05d_1244244422017y08m05d_1244321432017y08m05d_124437656

 

EVに関しては政府は自動車業界の邪魔をするような規制は撤廃して欲しい。
マツダは独自技術をさらに進化・発展させて、品質を徹底的に追及して欲しい。
でないと、単なるトヨタの下請けになってしまう。
トヨタの車って悪くはないけど、持つ喜びは感じない。

 

 

EVは電池次第だからね。
もっと、高容量、高出力、高耐久、そして軽く

革新的な電池の開発が急務ですね。

 

電池由来の悲惨な火災事故の多発が目に見えそうです。

 

リチウムイオンに替わるバッテリーはもう出来てたはず。
リチウムイオンの加熱・発火と言うデメリットが無くなれば、そもそも可燃性の水素・ガソリンよりは安全だと思うぞ。

 

「優秀な電池」はすでに技術的にはできているがメーカーが「小出し」にしているだけ・・

 

 

エンジンからモーターに変われば
経費的にとても効率化できる筈なんだけど
値段に反映はされないなぁ

 

化石燃料の重量あたりのエネルギーは新品リチウムイオン電池の約100倍。
しかも電池はすぐ劣化するし低温高温に弱いときてる、EVなんてもんは原付代わりならいいが、とても乗用車の高い税金払って所有するに値する代物ではない。

 

充電時間がネックになっている。

 

電池だけではありません。EV車用の省エネ高出力モーター、省エネエアコンシステム、EV車に相応しいサスペンションと制動システムなどなどガソリン車と全く違ノウハウが必要。トヨタグループはかなり遅れている。
過去の歴史を見ても日本は革新的開発ができない民族かも知れない。改善する力はあるが。

EVで提携するなら、電機メーカの方が良いような気がするのは俺だけ?
 インバータ・モータ事業部を持っているとこで三菱・富士・住友・東芝ってとこか。

 

鉄道車両の電動機メーカー日立、富士、東芝、三菱電機、東洋電機製造などが制御器機を含め結構ノウハウを持っていると思います。
EVは小型でパワーとなるとテスラが先行しているのでは。パテントをしっかり持ってね。
テスラに試乗しましたが、凄い加速度で驚きました。これではガソリン車に走行能力でも負けると思いました。

 

今の自動車業界ってかつてのカメラ業界に似ている気がする。デジタル化が一気に進みそれまでカメラとは無縁だった家電メーカーが一斉にデジカメに参入してきて百花繚乱状態になった件。つまり、老舗の自動車メーカーでなくとも自動車が作れる時代がもうすぐ目の前に迫っているのだと思う。ただ、スマホの登場によりデジカメすらスマホカメラに取って代わられようとしているように、永続するスタンダードが生きにくい時代になっている事だけは確か。海図なき戦いは言い得て妙というか、本音だと思う。

 

海図なき戦いで、ん?と思ったんですけど、英語的な言い方を日本語に訳したようなしゃれたことを言うなと。
先日藤井聡太四段が海外ニュースになった時に、uncharted territoryって表現していて、海図にない領域(未知の領域)なんだけど、日本語でそういう言い方する言葉があるのか逆に調べたら特にはないのかな?英語ならではの言葉だと感じたんですが、元日銀総裁の本のタイトルが「海図なき航海」、新聞にコラムで連載していたらしいから見ていたかもしれない、いずれにしてもちょっとしゃれた、教養をちょい出ししてくるなーという感じ。

 

「海図なき航海」=「行き当たりばったり」でない事を願う。

 

確かに言ってる通り。ただハード面でトヨタホームや豊田商事などベースは自動車産業だけど単一で事業をしてないトヨタと提携できる事はマツダにとっていい選択。トヨタにしても独自の技術を持ったマツダと提携はメリットがある。カメラ業界に似てるけどどちらかというと戦国時代に突入って感じがする。トヨタ、スバル、ダイハツ、マツダ国内の自動車を統合し世界レベル出来事に対応できる組織づくりをする。それで世界レベルの大規模な経済の覇権争いがおきる。確かに永続するスタンダードが生きにくい時代になっている事だけは確かだけど人は最終的には安定を求めるから三国志の様に3国にまとまったりそれが世界レベルでおきるのでは?

 

カメラ業界じゃなくて自作PCパーツ業界でしょ。
電気自動車の部品の規格化がどんどん進んで
トヨタもマツダも20年後位には車を作ってないと思うよ。

 

なんとか日本の中小企業のためにもPHVで頑張ってもらいたいとこだけど、これからEVがメインになれば部品メーカーも何か考えないといけなくなるな

 

EVで日本勢は大幅に出遅れているって事みなさん知っているんだろうか
もう既に「負け組」扱いである事を…

 

火力発電で電気を賄う日本では
EVはあまりエコではないのに。
難しい時代になりましたね。

 

これについては、例えばドイツでは膨大な数の風力発電を設置している。
僕はその関連の仕事をしているので詳細を言うことはできないが、ドイツは大凡の電力を自然エネルギーに転換し始めている。
それが経済活性に大きく寄与している。
日本もそうするべきだと思う。
いずれ、日本タンカーは南シナ海を通れなくなる。
石油依存は、もう止めるべきだ。
国防的にも経済活性のためにも自然エネルギーを最大限に活用すべきなのだ。

 

エネルギー自給は食料の自給と並んで国の生命線ですからね。
なるべく自前で調達して消費できるような仕組みになって欲しいです。

 

時代の流れだけど何かエコカーって物足りない。
自分はガソリン車に乗る最後の年代になりそう。

 

EV化になれば、下請け部品メーカーの80%は今と作っているものを変えなくてはいけないか、潰れる。既存の自動車メーカーは下請けを守る義務がある。新興で何も考えなくていいテスラとは訳が違う。頑張って欲しい。

 

トヨタ、マツダには頑張って欲しいが、別に下請けを守る義務はないでしょ。

 

下請けは自前でなにか作らんとな。

 

欧州とか中国のEV化宣言は原発推進派の陰謀だから。
火力発電での電気ではエコクリーンのメリット少ないし、混沌とした状態の場所(開発途上国、紛争地域)などでは充電設備確保難しいし・・・
でも流れはEVだろうから、新しい協力業者の再構築必要だよね

 

トヨタって本当にEV開発遅れてるのかな?
正直、EV作るよりハイブリットの方が技術は必要だと思うんだけどね。
EVなんて基本的に電池の改善次第ってところあるし。
開発遅れていたら新型電池の発表なんて出来ないのでは??

 

トヨタのHVは路面とエンジンの間に2台のEV連結させて制御してるようなもんだよ。基本的な機構はシンプルだけど鍵になってる制御部分を大雑把に理解するだけでも物理のセンスが必要だから、記事にできる記者がほとんどいない。
この協業強化はピュアEV事業が今後本当にスケールメリットを得られる規模になるのか読めないからリスク分け合おうって腹じゃないのかね。

 

技術的にはたぶん最先端です。TNGAはEVにも対応するプラットフォームのようでコスト的にも問題なし。

問題は出遅れイメージによる風評被害と、裾野が広い垂直統合型の頂点ゆえの身動きの重さですかね。

 

メカ的にはEVのほうが簡単だとおもうが、各種制御や自動運転などに使うOS的な部分の開発がネックと思って提携を考えたらしい。EV化が進んだ場合、電池のリサイクルの方が気になる。その方面での起業が進むかもしれない。

 

最先端というか時代を先取りし過ぎ。THSというHVシステムは順当な技術発展の流れでいけば今から始まる電動化の中で生み出されていく技術のはずだった。
極端な話、THSのエンジン領域を退化させればEVに近づく。

 

自動車メーカーにとっては電気自動車への移行は、踏ん切りが難しいことだろうと思う。
構造は圧倒的に簡単で、町工場でさえ一応造れるレベル。
何より厳しいのは、関連の部品産業への影響。
どうやら数十パーセントの部品が要らなくなるらしい。
この恐ろしい構造転換をどう乗り切るか。本当に海図のない海にこぎ出す筏のようなものだろう。
どの国も自国産業保護と発展を目指すはずであり、車体そのものより、自動運転やAIなどの分野で勝ちを得るかということが重要になるだろう。
いずれにしても社会インフラの変換で、経済は大きく動くことは確実。その間にきちんとした社会対策を整える必要がある。

それから何かの記事で読んだが、トラックなどに関しては電気自動車は不適であり、この点では内燃機関は残るのだろうか。

 

自動運転が実現すれば衝突安全性は不要になり大幅な軽量化と簡易化が可能で車体製造の巨大産業は崩壊する。業界は家電と同じくユニットアッセンブリー業態へドラスチックに変わる。巨艦は滅ぶ。

 

海図なき戦いというか、進むべき方向は見えている。それが早いか遅いかだけの違い。自動車メーカーはなるべく遅いほうが良いと思っているだろうが、そうこうしている間に、異業種のテクノロジー企業がイノベーションを起こすだろう。テスラのモデル3は、その先駆けとなるはずだ。
車は買い替えサイクルが長いので数年で劇的に業界勢力図が変わるということはないと思うが、一気に流れ出したら巻き返しは難しい。イノベーションのディレンマを、トヨタは乗り越えることができるだろうか。

 

中国が次世代自動車をEV車にしたのは痛かったな
これまで次世代自動車を水素自動車と考えて開発を練ってきたトヨタは、EVでは欧米に遅れを取っているし
そこに世界最大の自動車市場となった中国の方針転換だ。
トヨタはEVに軸足を移す必要がでてきたわけだろう
しかし私も水素の方がよいと思いますけどね。なぜなら、水素なら工場で副生成物として大量に作られているが、現在は虚しく捨てられているだけだったのを、自動車燃料に回すだけでよいのだからな
オマケに水くらいしか排出物は出ないし
EV自動車と価格競争ではどうなのか知らないが
幾重にもメリットがあったのだから、残念だ

 

マツダの合理化と生産性の高さは、業界でも有名、本当はEVの投資抑制ではなく合理化と北米工場を使いたかったのでは?
マツダが投資負担の軽減と現地化の選択肢が欲しかったんだと思う

-トヨタ