で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

マツダ

マツダがEVにこだわない姿勢は凄いと大絶賛の嵐

2017y08m09d_1610115362017y08m09d_1610157222017y08m09d_161019669

 

 

 

 

私もFDに乗ったときの感動は15年たった今でも覚えています。
マツダは規模こそトヨタ等と比べると小さいですが、トヨタと同じく世界に誇れる日本の自動車メーカだと思っています。
国内メーカーも互いにいい意味で刺激しあって世界と戦ってほしいです。

私もFDに乗ったときの感動は15年たった今でも覚えています。
マツダは規模こそトヨタ等と比べると小さいですが、トヨタと同じく世界に誇れる日本の自動車メーカだと思っています。
国内メーカーも互いにいい意味で刺激しあって世界と戦ってほしいです。

 

いいですよねFD。低くて早くてよく曲がる。燃費もですが、足回りがしっかりしてる車が良いと教えてくれたのがマツダでした。マツダには頑張ってほしいです。

 

 

いいですよねFD。低くて早くてよく曲がる。燃費もですが、足回りがしっかりしてる車が良いと教えてくれたのがマツダでした。マツダには頑張ってほしいです。

 

 

マツダやスバルといったメーカーは良いね。
とがった物を持ってるよ。
プロシードマービー、もっかい乗りたいな。

 

シェアを目指さないならニッチに向かうよね。
トヨタぽさを目指しても買うのはトヨタ。
ホンダは見習って欲しい。

そもそも一般ユーザーにとっては、燃費なんて5万キロ乗っても数万円しか違わないんだから。

好きな車に乗った方が得。

チマチマこだわる方が体に悪い。

 

環境負荷への現実は、実際は商用車が圧倒的。9割近い。

だから本当に負荷を考えるのなら、自家用車の燃費でなく、商用車を無駄に動かさないことを考えた方がはるかに効果的。

何度も再配達する宅配なんかを制限すれば、一般人がエコカー買ってる分なんかより、数倍上回る効果がある。

ロータリーエンジンに挑戦した時からマツダの独自性、会社の風土は他社メーカーとは一線を画していると思う。いずれ電気自動車の時代が来るとは思うが、これからもマツダの独自性が色あせることは無いと思う。

 

EVになったらもはや特色はなくなる。そしてアメリカもEUも本気か狂気か知らないが数十年で自動車をすべてEVにすると妄想している。マツダも早くEVに切り替えないと、他のメーカーより体力ないから危険な事になる。

 

EV化は進むだろうが、内燃機関が必要な環境や状況はあるだろうし、そのシェアを独占出来るのでは。
二兎追うほうが、体力を失いそう。

 

実際は燃費で得してる人はほとんどいないけどね。

3割改善してもリッター40円程度の得。

車体が20万も高くなったら、5000リッターも入れなきゃならん。
10万キロ乗ってやっとトントンくらいの話。

 

今までトヨタ、日産、三菱、本田、などなど18台乗り継いできたけどマツダ(アテンザ)に乗ってからマツダの車の良さがわかり乗る楽しさを教えて貰いました。
トヨタや本田などにも良さはあるけど乗る楽しさはマツダが1番ありました。
アテンザも初代から乗り継いで3代変わりましたが満足してます。
早くRX7の後継車が出て欲しいですね。

 

アテンザいいですよね。今度の車はアテンザにしようと思っています。
今はプレマシーに乗っているんですが、ミニバンなのにコーナリングの軽快感が感じられてすごく楽しいです。「面白い車じゃないと作る意味がない」と公言していただけありますね。

 

ただ、レシプロがzoom zoomになったことで、却ってREが遠のいてるんだけどね。

 

ぜひその車歴にスバルを追加してください!
スバルもいいですよ?!

 

今のアテンザはクラウンよりもデカい。
初代くらいのサイズがいいんだけどなぁ・・・。

 

スバルはcvtじゃなきゃ最高

 

おっしゃるとおり!
乗ってすぐ違いがわかりました。
トヨタもホンダも好きだったし
若いころ乗ったスバルの良さも
知ってるけど
ダントツ一番はマツダ!

 

初代のアテンザスポーツはいいクルマでしたね?。
3ナンバーだけどそこまでは大きくもなく、デザイン的に見ても、今でもハッとさせられるクルマだと思います。

 

20年前にスカイアクティブプロジェクトの前身が開始され、ここまで来たかと言う感じ。
ぶっちゃけ当時は無理だろうと思っていましたよ。

今回の技術を市販車で行うのは相当苦労しているはず
燃料もオイルも冷却も特殊なレース環境とは違う中、やり遂げようとしている所が何かカッコいいよ。

 

トヨタと提携組んだというニュースを見て、
ああ、圧縮自動着火技術開発が遅れてんだろう、と勝手に思ってたけど、
まさか来年に出せるくらい開発が進んでいたとは…すごいわ。

これならディーゼルハイブリットorレンジエクステンダーの開発はマツダが、
トヨタはバッテリー・モーターを中心とした電気自動車の開発に注力出来ていいね。

 

原油など原料段階から走行に至るまでのCO2排出量は、
各国の発電比率で大きく異なるので、フランスはEV化が有利だし、
火力比率の多い日独では内燃機関のほうが排出量は少なくなる。
EV化=国別で異なるし、省燃費化から原油安も当分続くわけで、
世界全体では内燃機関の改良はEVより排出量減少に貢献するだろうね。

 

解る内容なのですが。自動車のEV化は完全自動運転化と密接に関わっています。約年間300万人の死者数は、過去50年の全ての兵器による死者数を遥かに上回ってます。これを防ぐのは自動運転しか無い状況です。また、各国の発電比率は今日現在の発電比率でEV化と自動運転化が本格化する約10年後以降では大きく変わる可能性も有ります。

 

自動車を電子機器化する自動運転は、どうあがいても消す事が出来ない電子部品の製品不良やプログラムバグで悲惨な結果を招く可能性の方が高い。本気でやる気なら電子の反乱におびえる世界を受け入れなければならない。内燃機関の信頼性を捨てられるかと言ったらはっきり「ない」と言わざるを得ないよ。この予言は絶対に当たる。現時点でさえ自動車の電子部品のリコールが山のように起きている。これが完全解決されない限りはね。

 

そうはいっても、何十年後か何百年後かわからないが、化石燃料は必ずなくなるからね。

思った以上に世界の化石燃料の需要が伸びたり、思ったほど資源の埋蔵量がなかったとか、株価下落を防ぐために、各社かなり埋蔵資源量水増ししてたとか・・・想定外が重なれば思ったより早くなくなるかもしれない。

いずれ必ず電気化にシフトしなきゃいけないのは確か。

あ、マツダはすごいし、この車是非乗りたいけどね。
というか、多分買う。

 

>約年間300万人の死者数は、過去50年の全ての兵器による死者数を遥かに上回ってます。これを防ぐのは自動運転しか無い状況です。

地球の人口はすでに多すぎます!

 

某アイドルの曲ではないが、既成概念を壊して更なる高みを目指すには、「僕は嫌だ」と世間の流れに抗って簡単に流されないのも重要だと思う。マツダはマツダらしく、独自路線を貫いてほしい。

 

買って応援しないと存続しないからな、ロードスターでも買ってみるか。

 

誰の歌か分からない(^_^;)

 

確かにわからん。笑
オタク感すごいコメント、、、、

某アイドルの曲という一文全くいらない。
最後の一文は共感します。

 

今までのった車の感想
BMWは確かにいい車、でも値段だけの価値はない。日本では高すぎ。日本人バカにされすぎ。
ホンダはV6エンジンは最高だった。エンジン以外はボロボロ。パワーウインドーが全部壊れた。シートベルトも戻らなくなった。
マツダはハンドリングが良い。日本車というよりドイツ車に近い。MPVのパッケージングは素晴らしかった。エルグランドやアルファードに乗る気がしれない。
トヨタは可もなく不可もなく。印象が薄い。最近のデザインは全く好きになれない。

 

トヨタの良さは、無理をしてないから、壊れにくい。更に、古い車でもパーツが出る。壊れたら直せるという安心感。これ大事。

 

近い将来、何れ一般自動車はEV化されるのは必然と思うが。企業と言うより一個人の「EVに意向するまで、エンジンとしてやるだけの事はやる」的な意思のようなものを感じる。是非、点火プラグの必用無いガソリン車を実現し、内燃焼機関搭載の自動車の最後の花を咲かせて貰いたい。

 

金持ち国以外では、まだしばらくはガソリン車が生き延びるだろうし、EVが普及すると、ガソリンも安くなって、金持ちのEV、貧乏人のガソリン車という切り分けをする国もあるだろう(日本?)。選択肢があるのは自由人にとっては有り難い。

別に全車EVにしなくても、温室効果ガス抑制目標は充分達成できるだろうしね。逆に、遠い将来氷河期が来て(実は今も氷河期だが「間氷期」というだけ)、温室効果ガス規制が緩和されるかもしれんし(笑)。

 

環境問題で今後EVが主流になるのは分かる
電気モーターの低速トルクも魅力

でも
エネルギーの元が、ガソリンが爆発していること、というのに
何か本能的に惹かれるものがある

 

EVは航続距離(蓄電量)やバッテリーの寿命などのハードの課題と、充電スタンドへの送電網の拡充とそれに伴う電力の確保などインフラの課題の両方がある。

欧州は見切り発車で全車EV化などと言い出したが、技術が成熟するのを待たず無理やり参加を促しても、それを補うために税金などで国民に負担が行くだけ。

世界的に見れば20年たったってEVが占める割合なんて30%もいかないのは試算などからも目に見えているのだからこういった技術の開発はまだまだ必要だし頑張ってほしい。

 

そうはいっても、ビジネスにならなきゃ技術の成熟なんてしないからね。
どこかが、見切り発車でもやるしかない。
化石燃料の限界が見えてくる今から後の世代、2世代、3世代後かわからんが、その人達には、欧州の英断として歴史に残る出来事かもしれない。

 

マツダの理念は正しい。立派なメーカーだと思う。是非とも素晴らしい車を作って欲しい。

-マツダ

こちらの記事の読者は男性が9割になります。