で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

ホンダジェット

三菱MRJとホンダジェットの明暗を分けたのはこれだ!

 

 

 

 

なんやかんやで、量産を軌道に乗せたホンダは立派。
三菱は、ここまでたどり着くかなあ。
厳しいなあ。

 

そもそも比較対象じゃない、機体の規模から何から違うんだし。

 

ホンダジェットはスーパーカブ、
MRJはマイクロバスってところかな

 

>そもそも比較対象じゃない、機体の規模から何から違うんだし。

エンジン自主開発してるホンダの方が難しいやね。

 

三菱は国産ステルス戦闘機を開発・量産すればよい

 

>三菱は国産ステルス戦闘機を開発・量産すればよい。

MRJの事業が軌道に乗らないと、会社が傾いてそれどころではなくなるぞ。

 

エンジン自主開発って言ってもGE社の技術もかなり入ってますけどね。

 

>エンジン自主開発って言ってもGE社の技術もかなり入ってますけどね。

ジェットエンジンを自分のブランドで量産製造してる時点で素晴らしいこと。過小評価するのはおかしいね。

 

GE、ホンダ半々で
GEがかなり入ってる?
入ってちゃいけないの?

 

GEを入れたのはアメリカからの圧力を回避するため。それに世界にメンテナンス網を単独で構築するのは大変。GEを入れたことで相当なメリットがあるだろう。政治的な意味合いが大きいのではないか?

 

 

「日本製」では無く「ホンダ製」にこだわった快挙。

日本の部品も多数使用してはいるが、小型ジェットの需要そのものが低い日本で開発していたら、米国での型式認定にとてつもない時間が掛かっただろう。

飛行機産業最大の米国で子会社を起し、エンジンの初号機こそ共同開発だが、量産は自社設計で機体とエンジンをトータルでホンダ製にこだわった。

複数回による販売延期も、完成度の高さ、独自技術にこだわったためで、完成後の全体設計の見直し、などは起きていない。

現在の生産能力でも世界トップの販売実績で、更に増産を計画。
本田宗一郎氏のバイクのエンブレムにウイングマークを採用した空への夢は、大きく大空に羽ばたいている。

企業規模と金でナントカしようとしたMRJは「日本製」にこだわったことが敗因。
でも、型式認定が通れば「日本製」にこだわった意義も大きい。

自由競争社会では、勝てば官軍、負ければ賊軍。

 

社風の違いは如何ともし難い。ホンダの本気度は世界に通用する。

 

MRJはバックに日本政府がいるからしゃーない。
ホンダは誰が政府の世話なんかになるか!という独自路線。
成功も失敗も自己責任

 

だが四輪部門の落日ぶりはひどいものがある。特にアキュラブランドは、何を血迷ったのか内装はILXからMDXまで大きな違いが見られず、フロントフェイスがどの車種もほぼ同一になってしまった。RDX、TLX果てはフラッグシップのRLX(レジェンド)までみっともないフロント。

もしかして、これが「グローバリゼーション」?つまらないクルマは日産(GTRとZシリーズを除く)だけでいい。

 

ホンダジェットは相当なところを埼玉の和光研究所で開発してたらしいですよ。

 

英語が読めない連中に米国アキュラのHPを読めというのがそもそもの間違いだった。

 

勝手に落日認定しているけど、数字は逆やね

 

acuraのデザインが似たり寄ったりはあるかもしれませんが、acuraはSHAWDのラインナップが多かったり、トルコン付きDCTの車があったり中身はすごくホンダですけどね。

 

ホンダが今回の航空機でうまくいったのは、開発設計の初期から経験のある外国人技術者を入れていたからという事もある。規模が違いすぎるとはいえ、そこが社内の日本人技術者だけに頼ろうとしたMRJとの違いかな。

 

やっぱそうなんだ。三菱は最近ようやく外国人経験者を大量採用したって記事があったけど、手遅れにならなきゃいいけどね。

 

開発・設計というより、FAA取得に特化した技術者を採用した。
エンジンは日本で開発・試作まで終了させ、量産はGEに任せた。
機体・主翼はほぼ日本製で、これらは米国へ輸送されている。
要は、適材適所。 一方、MRJは将来、ボーイングやエアバスとの競合が予想されているので、エンジン以外は自分でやらざるを得ない。 開発には東北大の昆虫学者、歌舞伎役者、日本刀の刀工、室内の間接照明には富士山の文様が浮かび上がるなど、知られざる工夫が凝らされている。 2020年就航予定だが、一日も早める努力はしている。 今回の納期遅延も米国製機器の障害が決定的原因であった。嫌がらせとは思いたくないが、2020年にはボンバルディアも中国企業に売却されているだろうから、競合相手はエンブライエル一社ということか。

 

MRJはジェットエンジンも他社製です。
世界に誇れるメイドインジャパン、世界のホンダ!

 

>要は、適材適所
普通の経験者で設計していたらあんなエンジン位置にはならなかったろうな。ある意味素人(経験値という意味で)の怖さ

 

プラット・アンド・ホイットニー社(米国)製のエンジンです。

 

主翼の上といってもリアマウント方式に近い(機体が小型だから主翼の上に見える)し、小型・中型機だとリアマウント方式は当たり前にある設計だから別に突飛なデザインじゃないと思いますが…

 

初期の段階で外国人?そんな馬鹿な?30年くらい前から開発してたってNHKの特集でやってたぞ。ジェットエンジンの試作機が爆発したとかリーダーが病気で亡くなったとか。その方の意思を継いで絶対にモノにしてみせると。そんな時に外国人は入ってない。

 

当初はサイズの割に値段が高い。と言う評価で、売れるかどうか疑問視されてたが、あっという間にトップを獲ったのは凄い。
そんなの飛ばない。とバカにされた事もあったという、ユニークな形状もさることながら、実際の使い勝手も良いのだろう。値段以上に所有する喜びを十二分に満たした結果だと思う。

 

三菱の飛行機がどうたらこうたらと記事を見たことがあったがその後三菱の飛行機はどうなったのだろうか??無理だったのかな??

 

いつ以来新聞見てないの?

ズッと新聞を読んでるなら、アメリカで実機試験を続行中だとわかるハズ。試験機が5機ほど作られていて、うち4機が米国へ向け日本を飛び立つ毎に、大きくニュースになってたからね。

納品スケジュールはガンガン遅れてるみたいではあるけど。

 

半期で24機だと通年で50機程度のペース。そして数年後にはフル生産で年100機規模を視野に入れているとのこと。価格は1機5億だから年間売り上げ高は500億くらいか。
売り上げ6?7兆円のホンダグループからすれば1%にみたない規模だけど、カーメーカーとしてはF1どころじゃない他に類を見ない実績だし、ブランディング面では売り上げ以上の効果があるよね。
ようやく生み出した航空機、ぜひともこの分野をじっくり育てて言ってほしいですね。

 

MRJとの差が凄い。

-ホンダジェット

こちらの記事の読者は男性が9割になります。