で、そこの所どうなのよ?

管理人ねねねが勝手に作ってるニュースサイトです!

Juicero

バカしか買わないシリコンバレーのジュースマシン企業Juiceroが事業停止w

2017y09m04d_1521351212017y09m04d_152141486

 

 

 

創業すぐに132億もの大金を何故調達できたのかが不思議。しかもジュースプレスマシンともう一つしか売りがない会社なのに。

 

低金利で金余りだから、リスクマネーにどんどん金が流れてるせい。
米株価も史上最高値を更新し続け、今も天井にいる。
投資は、みんなが手をつける前に参加しないとリターンは少ないから、話題性のあるスタートアップには金が集まる。
日本国内から考えると132億は巨額だが、この程度の額なら、アメリカじゃゴロゴロいる。

 

 

アメリカでは、ベンチャーでも資金を集めやすい土壌があるから、日本とは違う。

 

 

すぐに主みたいに「なんで」という疑問を発する奴は取り引きをしたことがない無知なバイト一般庶民だという事が丸わかり。
頼むから主みたいな馬鹿がこういう問題にしゃしゃり出ないでくれ。しかもトップコメ。情けないったらありゃしない。みっともない。

 

CEOのモチベーションの高さが投資家に伝わったからだろうね.

 

単なるジュース絞り機の新興企業に100億円以上集まる。

バブルの象徴ですな。

 

 

結局は、言われてるとおりで一部階層にお金が集中してダブついてるんだろうね  それがイキのいい、プレゼンのうまいベンチャーに冗談みたいに流れ込む  もうそれ目的(実際の収益を目標にしない)で立ち上げる企業も出てきてるみたいだし

 

たかだ、ジュース絞り機に7万前後も出して、なんとも思わない国。
セレブには売れるかも知れないが。
関係ないけど、体重計のスマホ無線連携は便利だけど、お気に入りの電動歯ブラシにブルートゥース無線機能があってスマホ連動できるが使った事は一度も無い。なんでも通信すれば良いという物ではない。

 

ホワイトトゥース機能だったらよかったのに

 

スマホで歯が磨けるのかー
すごいな~

ライザップが流行る国がなにいってんだか。
まあ高級インチキフィットネスも向こうが発祥だけど。

 

ウオッシュレットにブルートゥース無線機能を付けたら・・

 

 

700ドルだったから「話題になった」んだろうけどな。
これが50ドルだったら注目すらされないだろう。

でも逆に事業の寿命は短くなっちゃったけどね。

 

「たかだ」ジュース搾り機と日本語でおkなことをおっしゃるが、7万円渡されてこの機械と同等なものを一個造ってみろと言われてもあなた造れないでしょう。
プラスチック部品を成形する金型が一個いくらするのか知ってるから、私だって造れないと知っている。
金持ちが割安だかお買い得だかわけわかんないモノも買ってくれるからみんなが恐れおののくデフレに陥らないですんでいるのがあのお国なのかもしれない。
そんなシンプルな話じゃないよ。

 

次の一手を考えないまま資金調達し、予想以上のお金が集まったから
つい自分達のことを勘違いしたツケが一気にきたということか。
日本の投資家もスタートアップにもっと目を向けて欲しいものだ。
さすがアメリカはケタが違う。既存からあるようなジューサー
をベースに100億円以上が集まるなんて。うらやましいぞ。

 

ツケが回ってきたもなにも最初から創業者は事業を成功させることを目的としてないでしょ。
突飛なアイディアで投資家集めて上場か事業売却でお金稼ぐことしか考えてない。
ベンチャーなんて胡散臭い詐欺師ばかりだし、この件に関して日本の投資家が見習う必要なはない。

 

香港あたりで、1900円ぐらいで売ってそうですね。

 

ブルームバーグの記事にある動画を見て、想像を遥かに超える単純な機械でビックリした。7万円する機械で、ウィーダー in ゼリーを絞るのと同じことじゃないか。詐欺の匂いすらする。

 

昔、手作りにこった時があった。
蕎麦、パスタ、ラーメン、うどん、パン、ジュース、抹茶・・・・・・

材料を吟味して、自分が作った食品を食べる。

高額な機械を買い 吟味した材料を買い 粉だらけになりながら手作りに励んだが麺類はなかなかうまく作れなかった。
失敗作が多く、しだいに家族にもそっぽを向かれた・・・。

ジュースは 思ったほど絞れず、コップいっぱい絞るのに グレープフルーツを3個ぐらい使うことも。

そして わかったことがある。
機械を買って 材料を買って 上手に作れたとしても自己満足だけで 何年かけてもペイできないじゃん。
どれも買ったほうが安くて美味しい。ということを・・・・。笑

しかし、未だに続けているのもある。
コーヒー豆の自家焙煎。
手作りハンバーグ。

パンをやってないってことはドライイーストしかやったことないんだな

天然酵母と高級小麦粉の味わいは売っているものじゃ出せない
特にはるゆたか、キタノカオリ、春よ恋あたりをブレンドして焼き上げたものはとんでもない旨さ

 

↑その材料で採算取れるなら出店してみては?

 

 

アメリカに住んでるけど初めて聞いた。

いい物を買うには値段はある程度高くても仕方ない。でもこの商品は、確かに高すぎる。日本でも一時期、コールドプレスの機械は高かったけど、みんなに普及して値段は下がっている。みんなに受け入れられなかったか、経営陣が他に売り上げを浪費したのか、迎えた結果がこれだったんですね

 

問題はバブルの入り口なのか終わりなのか。
多分、入り口なんだろう。

 

新しいiphoneもこんな経過辿ったりして。

 

ジャパネットたかたがアメリカに進出したらこんなもん毎週100億円ぐらい売り上げられそう。

 

社長が引退しないでしゃべった方がきっと売れるねww

 

本搾りジュースや野菜ジュースならマシンに掛けて片付ける手間や材料の調達を考えたら、
出来ているジュース買ってきた方が早いよね。
カゴメ野菜ジュースは常備して、カレーとか煮込み物にも使っている。

 

最初に、700ドルで買った人 ちょっとかわいそう?

 

日本でも持ち上げてた雑誌や芸能人ブログあったよね

 

最後まで読んで、しばし黙考してみたが
ジュースマシンをwifi接続するメリットがわからない。
タイマー使えば大半の要求は満たされるだろうし
そもそもジュース絞るのに必要な時間って30秒から1分。
ネットワーク経由で操作する必要がないし
まかり間違っても7万円は有り得ない。

 

相当量のフレッシュフルーツの配達サービス付きで4万なり7万なりならアリだったかな。

 

カネ余ってるからね。
相場で儲けられなくなると、こういう事例が増えるよね。

 

ジュースパックを手で絞れない特殊形状にすりゃ良かったんじゃね?

wifiに繋がるジューサーというあたりをもっと詳しく知りたいが

 

商品価値と時代の流れに乗れたのかが疑問? 結局は淘汰されたという話でしょ。
24
9
返信

 

マシンが無くても手で搾れるってのがなあ・・・
「一方ロシアは鉛筆を使った。」っていう有名コピペを思い出したよ

 

アメリカのオレンジジュースはたしかに美味い。

 

実が伴っていなかったのですね

 

そりゃ単なるジューサーだったら高いな。

これはバブルだわ。本来なら地方の弱小白物家電メーカーでしかない。

 

「スタートアップ」って言葉がもうなんかキモい

 

つい最近、youtuberを支援する会社が上場して一時期はS高だったが、案の定下落。
youtubeではなく、便乗会社。
ここもそうだけど、そんなとこに投資している時点で考えた方がいい。

 

UUUMはただ単に初値が高すぎただけだろう。
公開価格の3倍までいきゃ十分すぎる。
ただ競合他社がないのは上場企業の強みでもある。

 

ベイエリアじゃあない西海岸なんだけど
どうみてもバブル絶頂期
この手の失敗事例が重なっても、まだまだ当地はイケイケ

 

ネット家電の末路の象徴って事だな
ネットに繋がる事を売りにして付加価値を付け高価格化一直線の日本のメーカーも同じ末路を辿ると思う。

 

日本もそうだが、貧富の差がすごいのよ。
私たちの7万円が、700円とか70円とかの感覚ならば、買うかも。
(しゃくなんで、7円とはしません)

 

深夜の通販番組でこの手のアイテムをよく見かけるけれども、アメリカ人ってそんなにジュースが好きなのだろうか?

 

「こんな健康的な生活している私(達)、ス・テ・キ」とか「ジャンクフード食べたから新鮮なジュースを飲んだらチャラね」って感じじゃないの?

 

8万円近いジューサーで絞ったジュースと
日本のスーパーで一本100円ちょっとで買える100%ジュースと
味を比べてみたい

 

こんなのいっぱいあるよ。
テレビのコマーシャルなんか見てもいかがわしいのがいっぱいある。
みんなよく見て選ばないと・・・・。

 

こんなしょーもないものだけで、よく起業しようっていう気になりましたね

 

人参や果物を
そのままカジルのが一番うまい

 

ジュース機が700ドルで、資金調達が100億ドルってすごいなw素人目には、売れると思わんぞ。そのとおり結果が事業停止なんだがw

 

バイタミックスは高いけど欲しい。

 

昔は夜中に海外の通販番組でよく流れてたな

 

>その後、ジューサーの価格は400ドルに引き下げられ、実店舗での販売も開始した。

しかし、2017年4月にブルームバーグが、Juiceroのジュースパックは手で絞ることが可能で、高価なマシンなど不要だという記事を掲載し


純粋にワロタ。700ドル=7万円以上のジュース絞り機(後に400ドルに値下げ)を販売したけど「たけーよ」って事で批判を浴び、検証をしたら別売の機械にセットするパックが手で同じように絞れる事が判明って事か。

 

昔、プリクラのレンタル会社と言うのが
有ってだな。プリクラ人気が永遠に続くと
上場したんだな。

-Juicero

こちらの記事の読者は男性が9割になります。